リフォーム瑕疵(かし)保険について

リフォーム瑕疵保険って何?

リフォームの瑕疵(かし)保険とは、「検査」と「保証」があわさった住宅のリフォームのための保険のことです。

瑕疵保険に加入するのは、リフォーム工事を行う事業者です。(リフォームを発注した方ではありません。)

また、リフォームの瑕疵保険に加入していると、以下のメリットがあります。

  • リフォーム内容保証のための検査が行われる
  • リフォームの工事において欠陥が見つかったときや、工事の途中でリフォーム会社が倒産してしまった場合に損害分の料金を受け取ることができる


瑕疵保険を実際に利用されたい場合は、「住宅瑕疵担保責任保険法人」に登録されているリフォーム会社に施工を依頼するか、もしくは施工を頼む事業者に保険加入していただく必要があることを覚えておきましょう。

瑕疵(かし)の意味
瑕疵とは、契約した土地・建物に何らかの欠陥があることをいいます。
リフォームの場合、契約後にある一定の基準の品質・性能が満たされず欠陥が発見された場合、瑕疵に値します。(耐震化のリフォームの場合、定められた一定の耐震性能の基準を満たしていないと判断されれば瑕疵とみなされる。)
瑕疵には物理的な欠陥の外に法律的欠陥も含まれます。そのどちらか一方もしくは両方の基準を満たしていない場合が瑕疵にあたるのです。

住宅の瑕疵保険について

住宅リフォーム・新築などの工事において、瑕疵(欠陥)が発生した場合や、事業者が倒産・廃業した際に、補修費などを補償してくれるのが住宅の瑕疵(かし)保険です。

もしも保険期間内に瑕疵が発生した場合、居住者は保険法人に直接保険金を請求することができます。

リフォーム瑕疵保険の3つのメリットとは?

リフォーム瑕疵保険の事業者登録には当然審査があります。欠陥ばかりの施工を行う業者では審査から外れてしまうのです。

また、仮に審査を通ったとしてもその後欠陥施工を頻発している業者は審査を落とされてしまうのです。それほど厳密な審査と言えます。

株式会社 鷹ノ家リフォームは施工のプロです。お客様のご自宅の寿命を延ばす施工に力を入れております。

プロの建築士が第三者視点で公平に調査するリフォーム瑕疵保険に加入している登録事業者ですので安心して弊社をお選びください。

補修対象

保険の保証対象箇所と期間について

※保険の始期はいずれも保険対象工事が完了した日で、JIO所定の工事完了確認書に記載される工事完了確認日をいいます。
保険付保証明書に記載される保険期間をご確認ください。

実際の補修事例

保険の金額について

リフォーム瑕疵保険の支払い対象になる費用には、大きく分けて3タイプあります。

  • 修補費用
  • 仮住居費用・転居費用(1回の事故につき上限50万円)
  • 損害調査費用(1回の事故につき50万円、または修補費用の10%のいずれか小さい額・修補金額100万円未満で調査費用10万円以上の場合は10万円)

また、居住者へ支払われる金額は、以下の通りです。

保険金は100万円・200万円、300万円、600万円、1,000万円の5つのコースから選択が可能です。

また、リフォーム事業者の倒産の場合瑕疵保険額は施工により生じた費用全額が支払われることになっております。

詳しくはお問い合わせください。

リフォーム瑕疵保険の手続き~流れ

こんな業者にはご注意を!

  • 瑕疵保険に加入していない業者
  • 瑕疵保険があるから、と安価な見栄えだけの工事を提案する業者

リフォーム瑕疵保険に加入していない、ということは施工に自信がないか、審査を落とされてしまったか、存在を知らないかのいずれかです。

また、仮に瑕疵保険があるからといって安く見積もる業者もいますが、実際ふたを開けてみると欠陥が多数見つかった、という事例も数多くあるのも事実です。

最後にもう一度言いますが、株式会社 鷹ノ家リフォームの施工は「お家の寿命を延ばす施工」です。

その場しのぎの施工ではなく居住者が長い期間安心して暮らせるような施工を心掛けております。

まずはお家の心配事、悩みごと、相談してみませんか?

お気軽にお問い合わせください!