見栄えだけではない?コケやカビ・藻の影響 外壁劣化の種類②

こんにちは。
鷹ノ家リフォームです。

前回からご紹介している「外壁の劣化」について…

今回は、「コケやカビ・藻が外壁に与える影響」についてお話ししていきます。

外壁に生えてくるコケやカビなどは、「見栄えが悪いなあ…」くらいにしか思わない方も多いかもしれません。

ですが、コケやカビはそのまま放置してしまうと家に悪影響を与える危険があるんです。

↑家に生えた コケ(写真 左)やカビ(写真 右)

コケやカビ・藻があるということは、そこに水分があるという状態です。

このままにしておくと徐々に繁殖をしてどんどん家全体に拡がっていき、屋根や壁の劣化が加速して、手で触っただけでもボロボロと剥がれてくる状態になります。

そうすると、外壁補修が必要になったり雨漏りの原因にもなります。

もし自分の家にもコケやカビ・藻などがある場合はなるべく早めの対処が必要です。

コケやカビなどは「見栄えが悪いだけ」と軽視されがちですが、実は外壁が崩れる寸前…という危険な状態に陥っている場合もあります。

もしご自宅に、コケやカビ・藻を見つけたら、なるべく早いうちにプロにみてもらうことをおすすめします。

鷹ノ家リフォームでも、現地調査を行っております。
お電話やメールでご相談も随時受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください!


株式会社 鷹ノ家リフォームは施工のプロです。
お客様が心を落ち着かせて過ごす住まいを安心して
お任せ頂けるようにご自宅の寿命を延ばす施工に力を入れております。


喜連西3丁目の屋根・外壁リフォーム専門店
鷹ノ屋  TEL 0120-927-073
お電話受付時間AM9:00~21:00 休まず営業  担当:山崎 鷹矢

お急ぎの方はこちら
受付時間外のお問い合わせはこちら