放置していませんか?外壁のサビ 外壁劣化の種類③

こんにちは。
鷹ノ家リフォームです。

今回は「外壁の劣化」の種類3つめの、

外壁のサビについてお話しします。

外壁のサビは、経年劣化で防水性が低下している場合に発生するサビや外壁の近くにある金属製のものに発生したサビから壁に移ってしまうというパターンもあります。

外壁にサビがあると見栄えも悪くなってしまいますよね。

釘やつなぎ目が劣化してサビてしまうと穴が開いてしまうこともあり、そこから雨水が侵入して雨漏りの原因になることもあります。

また、サビは建物の見栄えが悪くなるだけでなく、老朽化にも繋がっています。

外壁にサビが見受けられる状態は、防水性や耐久性が低くなっているということなのでそのままにしておくと内部にまで拡がり家全体の強度が落ちるなどの危険性もあります。

自分の家に、もし思い当たる箇所があればサビによる悪影響が家に拡がってしまう前に早めの相談・対処が必要です。

少しでも気になるな、と思ったらぜひ鷹ノ家リフォームにお気軽にご相談ください!


株式会社 鷹ノ家リフォームは施工のプロです。
お客様が心を落ち着かせて過ごす住まいを安心して
お任せ頂けるようにご自宅の寿命を延ばす施工に力を入れております。


喜連西3丁目の屋根・外壁リフォーム専門店
鷹ノ屋  TEL 0120-927-073
お電話受付時間AM9:00~21:00 休まず営業  担当:山崎 鷹矢

お急ぎの方はこちら
受付時間外のお問い合わせはこちら