屋根塗装の「タスペーサー」とは?実は雨漏り防止にすごく大切な道具!

こんにちは。
鷹ノ家リフォームです。

以前も何度か屋根塗装での工事で登場した「タスペーサー」。

実は屋根塗装をする上で雨漏り防止に欠かせないものなんです!

今回は、このタスペーサーについてお話しします!

タスペーサーとは?

屋根塗装によって雨などの水を外に逃すための出口を塞がないように隙間を作る道具のこと。

昔は、塗装後にカッターを使って、塗料で埋まってしまった屋根と屋根の間を切って隙間を作るという地道なものでしたが、現在はこのタスペーサーという道具を差し込むことで屋根に隙間を作っています。

タスペーサーで隙間を作れるようになったおかげで時間と手間を省いてコストを抑えることができるようになりました。

タスペーサーで屋根に隙間を作ると、雨漏りしやすくなるんじゃないの?

と不安になるかもしれませんが、実は隙間がない方が危険なんです。

屋根に隙間がないと、家の中と外の寒暖差でできた結露や、強風や大雨で入り込んだ雨を外に排出することができなくなり、雨漏りや屋根材が腐ってしまう原因になるのです。

そうならないためにも屋根に隙間を作って水分を排出することが大切になります。

建物の構造や、材質によってはタスペーサーでの作業が必要ない場合もありますので、もし気になるようでしたらお気軽にお問い合わせください。

鷹ノ家リフォームでは、お客様の
ちょっとした「不安」や「疑問」のご質問にもしっかりとご説明させていただきます!

定期検診や調査も無料で行なっていますので、お気軽にご相談くださいね。

お急ぎの方はこちら
受付時間外のお問い合わせはこちら