家のリフォーム時期はいつ?場所別の目安

こんにちは。
鷹ノ家リフォームです。

住み慣れたマイホームをこれからも安全に住み続けるためにリフォームを考え始めた時に気になることのひとつが、リフォームの時期です。

今回は、場所別のリフォーム時期の目安放置のリスクについてお話ししていきます。

リフォームをする時期には明確な基準はありませんが、屋根、外壁、床、などそれぞれの場所によってリフォームの時期に目安があります。

リフォーム時期の目安

  • 屋根 10年~15年
  • 外壁 7年~10年
  • 床  7年~10年

では、この目安時期を過ぎたまま放置してしまうとどのようなリスクがあるのでしょうか?

リフォーム目安時期を過ぎた時のリスクとして多いものは、雨漏りや火災、シロアリ、カビの発生などです。

そして、これらの発見が遅く放置されていた場合は修復が困難な状態になり、工事費用が高額になってしまいます。

また、リフォームをしない事で将来、家の売却を考えた際の売り手がつきにくい、売値が下がるといったリスクがあります。

リフォームのタイミングは、その家に住むご家族の状況や使い方、立地などの環境によって多少の違いがありますが、

「まだ大丈夫だろう」と考えて放置してしまうとかなりの出費になることもあります。

そのため、定期的にプロに見てもらうのが大切ですよ!

鷹ノ家リフォームでは、無料で相談・現場調査を行っております。

家になにか問題が起きていないか?しっかりチェックいたしますので長期間メンテナンスをしていない場合は一度ご相談ください。

お急ぎの方はこちら
受付時間外のお問い合わせはこちら