外壁塗装での「失敗しない」色選びの方法とは?

こんにちは。
鷹ノ家リフォームです。

外壁塗装を頼むときには、
元々の色とは違った色でイメージチェンジをしたい!という方もいらっしゃいます。

その時の流行りや、元々の色味が汚れが目立つ色だった…など理由は様々ですが、
外壁は一度塗ると少なくとも10年はその色のままなので慎重に選ぶ必要があります。

今回は、色選びで失敗しないポイントについてご紹介します。

 塗料の基本的な「色選び」の方法

外壁塗装では色見本を見て決めるという業者が多いです。

ただ色見本だけを見て決めてしまうと、色見本と実際に塗ったときの色味が違う。。

ということも多いです。

これは、

  • 室内(電球)と屋外(太陽光)
  • 元々の壁材の質感

などが関係しています。

また、ツヤのありなしなどによっても色の見え方は変わってきます。

そのため、鷹ノ家リフォームではサンプルの壁材をご用意していて、お客様の壁材に近い素材に実際に塗料を塗って作成しています。

 外壁サンプルのイメージ

こうすることで既存の模様を活かした塗装でお財布に優しく、実際に塗ったイメージと相違が少ないので失敗がしにくくなります。

さらに、鷹ノ家リフォームでは塗料にもこだわっているので耐用年数(塗料の寿命)も一般的な塗料の耐用年数が5〜10年ほどなのに対して、約20年と長いのも特徴です!

もし、外壁塗装時の色を変えたいが

「どんな色が合うのかわからない」
「実際に塗ったときのイメージができない」

そんなご相談も納得できるお色味を一緒に考えますので、まずはお気軽にお問い合わせください!

お急ぎの方はこちら
受付時間外のお問い合わせはこちら