外壁塗装が剥がれる原因と放置リスク

こんにちは。
鷹ノ家リフォームです。

外壁塗装が剥がれてくると、見た目だけではなく外壁自体の劣化を早める原因にもなります。

今回は、外壁塗装が剥がる原因放置するリスクについてご紹介します。

外壁塗装の剥がれの原因は、

  • 経年劣化
  • 紫外線や強風による劣化
  • 施工不良

などが考えられます。

外壁塗装に使われている塗料には耐用年数があり、その寿命は一般的に10年〜15年程度です。

その他にも、台風や大雨などの外からの衝撃や、海に近いお家では潮風の影響で劣化が早くなることがあります。

しかし、塗装後3年以内に塗料が剥がれてきた場合は施工不良の可能性があります。

外壁の剥がれにつながる施工不良は、

  • 下処理 不足
  • 乾燥不足
  • 相性を考えた塗料の選定不足

などにより劣化を早めてしまう原因に。

そして、これらの原因で剥がれた外壁塗装を放置すると、外壁内部がどんどん劣化していきます。
最悪の場合は、雨漏りになり補修費用が高額になることもあります。

外壁塗装の剥がれは見た目が悪くなるだけではなく、家を守るために大切な作業です。

外壁が剥がれて来たけど大丈夫だろう」と放置せずに、プロの目で確認してもらうことが大切です。

ご自宅に塗装の剥がれがあるなら、鷹ノ家リフォームで、お家の状況を確認してみませんか?

鷹ノ家リフォームでは、お家の検診・相談が無料です!

ぜひお気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちら
受付時間外のお問い合わせはこちら