壁の一部が欠けてる!一部だけ治すことはできるの?

こんにちは。
鷹ノ家リフォームです。

家を建ててから時間が経つと、外壁も経年劣化が見られます。

紫外線や雨風による影響、
または物をぶつけたなどで壁の一部が欠けてしまうと見た目も悪くなり気になりますよね。

さらに、最近の住宅で主流な外壁材である「サイディング」は
板状になっていて貼り付ける工事方法なので、一部欠けただけでも広範囲の工事が必要なのか?

というのも気になるポイントです。

今回は、鷹ノ家リフォームでの壁材の欠けの補修についてご紹介します。

 外壁の「欠け」の補修方法

結論から言うと、ほとんどの壁材の種類では「欠け」部分のみの補修が可能です。

モルタル(水とセメント)やサイディング(壁に貼る壁材)の場合でも欠け部分をパテやセメントで埋めるという施工をしています。

サイディング材の場合は、板状で元々1枚で2メートル近い大きさがあります。

そのため欠け部分の貼り替えをするには1枚丸々取り替える必要があります。

つまり、欠けと関係のない部分まで貼り替えることになるため工事期間も費用も多くかかります。

さらに、サイディング材はだいたい10年ほどで廃盤になることもあるので

「家を建てたときと同じものが売られていない」
という可能性もあります。

そのため、鷹ノ家リフォームでは、

外壁の欠け部分をセメントなどで埋めたあと職人が手作業で元のサイディングに合わせたデザインを作っています。

そうすることで費用も工事期間も抑えることができるためお財布に優しく補修ができます!

このようなサイディング材の一部のみのリペアができるのは
数少ないためお客様にお喜びいただいています。

さらに、
鷹ノ家リフォームでは、お家の検診・相談を無料で行っています!

検診時や定期メンテナンスの際にも合わせて確認できるので、
外壁に欠けがあって気になる…という場合はご相談くださいね!

お急ぎの方はこちら
受付時間外のお問い合わせはこちら