塗装にベストな季節って?塗装には温度と湿度が重要なワケ

外壁塗装や屋根塗装では、塗料を塗り替えて乾燥をする必要があるため、天気や気候によっては施工期間が長引くこともあります。

なので、塗り替えに適した季節やタイミングを知ってスムーズに進められるよう、チェックしましょう。

 塗装に適さない状況

雨の日や結露

水分が多い状態では塗料の乾きが遅くなる、
または色ムラや剥げやすくなる原因になります。

湿度が高い

湿度が高い(85%以上)だと乾燥に時間がかかります。
塗装は2度、3度と重ね塗りをするのでそのたびに時間がかかり施工期間も長引く原因に。

気温が低い

塗装に適さない条件に気温が5℃以下と低い気温であるというものがあります。
気温が5℃以下だとやはり塗料の乾きが悪くなり、早期剥がれなどにつながるからです。


上記のように塗料の乾燥には「気温」と「湿度」が非常に重要です。

例えば、
洗濯物は冬は乾きにくく、夏は乾きやすい

というイメージをすればわかりやすいかもしれませんね!

そして、塗装に適した気候としては

気温25℃
湿度65%

前後といわれています。

また、洗濯物と違い塗料の場合には塗装面の温度も関係するため、夏場のあつすぎる気温より

などが塗装には好ましい季節になります。

このように、季節や天候によって乾燥の期間(施工期間)が変わってくるので家になにか問題が起きてからではなく、なるべく早めに塗装を検討することが望ましいでしょう。

逆に季節や天候を考慮することで、スムーズで長持ち、しかもきれいな仕上がりにすることができます。

もちろん冬場や梅雨の時期も塗装は可能ですので、もし家の塗装を検討しているという方はまずは一度ご相談くださいね!

お急ぎの方はこちら
受付時間外のお問い合わせはこちら