モルタル外壁の特徴とメンテナンス時期

こんにちは。
鷹ノ家リフォームです。

皆さんはご自宅の壁の素材をご存知でしょうか?

現在は少なくなってきているのですが以前よく使われていた外壁の種類に「モルタル壁」があります。

今回は、このモルタル外壁の特徴メンテナンス時期についてご紹介します!

モルタルとは、水とセメントと砂を混ぜ合わせたものです。

最近の戸建てでは、サイディングという貼るものが多くなっていますが、モルタルは壁に塗るもののため味わいのある仕上がりになります。

そのため、外壁のつなぎ目などのコーキング処理が必要ないので、コーリング部分の劣化などによる補修がないというメリットがあります。

その一方で、ひび割れが起きやすいというデメリットもあります。

モルタル壁で一番多い問題が壁のひび割れです。

大抵のひび割れは建物の構造自体に影響はありませんが、中にはそこから水が侵入して雨漏りの原因になってしまうものもあるので、ひび割れを見つけたら放置せずになるべく早めにプロに見てもらいましょう。

ひび割れの他には、モルタル壁は壁自体の防水性は低いため、表面に塗装をして防水をしています。
この塗装が劣化して防水性が弱まって雨漏りなどの問題が起きることがあります。

塗料の耐用年数は種類にもよりますが10年〜15年のものが多いので、築10年以上で一度もメンテナンスをしていない。という場合は、今は問題がなくても一度見てもらうと安心ですよ。

鷹ノ家リフォームでは、お家の検診・相談を無料で行っています!
壁のひび割れなどの劣化がある場合はもちろん、念のための調査のご依頼もお待ちしております。

いつでもお気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちら
受付時間外のお問い合わせはこちら