サイディング外壁の特徴とメンテナンス時期

こんにちは。
鷹ノ家リフォームです。

最近では多くの住宅に使用されている「サイディング」という外壁材をご存知でしょうか?

以前は「モルタル」という水とセメントと砂を混ぜ合わせた素材が主流でしたが、最近ではサイディングの壁が多くなっています。

今回は、サイディング外壁の特徴メンテナンス時期についてご紹介します。

サイディングとは?

外壁に貼る仕上げ用の板材のことです。

以前よく外壁に使用されていたモルタルでは「塗る」ことで仕上げていきます。

サイディングでは、あらかじめ板状に形成したサイディングボードという物を「貼る」ことで仕上げます。

すでに形成されているものを使用するため作業期間を短くすることができます。

さらに、サイディングには大きくわけて4つの種類があります。

  • 窯業系


主な原料はセメント質と繊維質

  • 金属系


ガルバリウム鋼鈑やステンレス・アルミなどの金属を成型したもの

  • 木質系

天然木が材料で、表面を塗装したもの

  • 樹脂系

プラスチックを加工したもの

サイディングは、作業期間が短く済むほか、重量が軽く家への負担を少なくすることができる、断熱性や衝撃に強いなどのメリットがあります。

その一方で、劣化がしやすいというデメリットがあります。

サイディングで一番起用されている窯業系サイディングには防水性がないため、塗装して防水性を持たせています。

その塗装が剥がれてきたり、つなぎ目に使用しているコーキング部分が最初に劣化してきます。

そのため、10年程度でメンテナンスが必要な場合が多いので、サイディング材自体の劣化やコーキングの劣化が見られる場合は一度プロに確認してもらうと安心です。

鷹ノ家リフォームでは、お家の検診や相談も無料で行っています。

ご自宅の外壁の種類がわからなくても大丈夫です。
現地調査にてしっかり確認させていただきますので、外壁塗装や屋根塗装をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちら
受付時間外のお問い合わせはこちら