【ビフォーアフター】バルコニーの防水工事(住吉区 M様邸)

こんにちは。
鷹ノ家リフォームです。

今回は以前、完工致しましたバルコニーの防水工事の様子をご紹介いたします。

こちらのお家には、雨漏り調査のご依頼がありお伺い致しました。

早速、詳しく見させていただくとしばらく使われていないバルコニーからの雨漏りということが判明したため防水工事を行いました!

そんなバルコニーの工事前の状態がこちら↓

ビフォー

しばらく使っていなかったこともあり、お客様自身もバルコニーからの雨漏りだとは思っていなかったようで非常に驚かれていました。

かなり雨漏りもひどく、壁にまで影響が出ていたので早急に防水工事を行うことになりました!

まずは、高圧洗浄で汚れを落として、シーリングやひび割れ部分の補修を行います。

そのあと下地やプライマーを塗布していきます。

この作業をすることで、後に塗る塗料の仕上がりや密着性を高めることができます。

下地が乾いたら、ウレタン塗料を塗布していきます。

ウレタン塗料は、ウレタンと言われる樹脂(プラスチック)を液体状にしたもので防水性が高く、つなぎ目がないので仕上がりが綺麗という特徴があります。

つなぎ目がないので、隙間からの雨漏りなどの心配は少ないのも良い点です。

ウレタン塗料を2回塗ったあとは、表面を保護するためにトップコートを塗って完成です。

アフター

ウレタン塗料を使った防水は日本で一番採用されてる施工で、メンテナンスもウレタン部分の劣化がひどくなければ、表面保護のトップコートの塗替えで済むので比較的安価です。

お家の防水機能は時間の経過とともに少しずつ低下していきます。

防水機能が失われてしまうとお家の壁の中や土台部分にまで水が侵入して大規模な工事が必要となり費用もかさみます。

そうならないためには定期的なメンテナンスが大切です。

鷹ノ家リフォームでは、お家の検診・相談を無料で行っております。

劣化箇所を放置してしまうとお家全体に悪影響があるので、状態が気になる。
メンテナンスを長くしていない、という場合はぜひ一度ご相談ください!

お急ぎの方はこちら
受付時間外のお問い合わせはこちら