大阪市東住吉区 W様(雨漏り、屋根塗装)

Before
After

実は多いシーリング劣化による雨漏り

雨漏り調査のご依頼がありお伺いしました。

調査をしてみると、窓まわりのシーリングと呼ばれるゴム状のものが劣化して割れてしまっていました。

そこから雨水が浸入し、雨漏りになっていました。

窓と壁の隙間を埋めるためのシーリングは寿命や劣化でひび割れや剥離などが起きてしまうと機能を充分に発揮できず、雨漏りの原因になります。

目で見てもわかりやすい劣化ではあるので、ひび割れや剥離が見られる場合は早めにプロに見てもらうことをお勧めします。

他にも、雨漏り調査の際に屋根も見させていただき、雨漏りはしていませんでしたが、通常の塗装の塗りかえの時期は前回の塗装から10〜15年程度なのですが、その塗装時期をすぎていたので、外壁塗装とあわせて屋根塗装も行いました。

お客様の声

屋根以外からの雨漏りだとは思いませんでした

実は、新築の頃から雨漏りには悩まされていて、当時は別の業者にお願いをして直してもらいました。

それから10年経ってまた雨漏りがしてきたので「また同じ場所から雨漏りが…」と思い、今回は鷹ノ家さんにお願いしました。

鷹ノ家さんに詳しく見ていただくと、同じ場所からの雨漏りだと思っていたのが実は別の場所、窓からの雨漏りだとわかりびっくりしました。

雨漏りは屋根からする。というイメージが合ったのでまさか窓から、とは思ってもいませんでした。

鷹ノ家さんでは、雨漏箇所の他にも丁寧に調査をしていただけたことで屋根は問題が起きる前に未然に塗装ができて安心しています。

現場調査、リフォームの相談を無料で行っております。お気軽にお電話ください!

電話でのお問い合わせ受付:9~20時、休まず営業

メールでのお問い合わせ

24時間受付中!